wakisaka lab@Shizuoka Institute of Science and Technology

静岡理工科大学 建築学科 脇坂圭一研究室

MENU

2024.1.24 株式会社ホクレア・システムズ ヒアリング

こんにちは。

脇坂研4年の戸塚です。

 

1/24(水)に4年の戸塚の卒論調査で、富士市にある株式会社ホクレア・システムズさんの工場にて、代表の鈴木様にヒアリングをさせて頂きました。

 

ホクレア・システムズは、住宅用の空調システムや太陽熱利用システム、バイオマスボイラーシステム、エネルギー遠隔管理システムなどの企画、設計を行う会社です。

 

ヒアリングでは、内保製材のオフグリッドモデルハウスに関わった経緯をはじめ、各設備の仕様や容量に対する意図、オフグリッドに対する考え方などを聞くことが出来ました。特にオフグリッドに対する考え方の部分では、無理やりオフグリッドにする必要はなく、いざという時に安心して暮らせるように外部との接続はしておく必要があるとのことでした。例えば、浜松でオフグリッドを行う場合、PVパネルと太陽熱温水器をベースとして、自家消費して暮らせる必要最低限の容量で設定するのがよいということで、そこは新たな知見で非常に勉強になりました。

 

ヒアリングの途中では、実際にエネルギー遠隔管理システムを画面上で見させて頂き、内保製材のオフグリッドモデルハウスの電力消費状況やバイオマスボイラの稼働状況などを日時ごとに見ることが出来ました。

 

工場では、ホクレアさんが開発している住宅用全館空調について実物を見ながらご説明頂き、6畳用エアコン1台で各室を空調する仕組みがよく分かりました。

 

今回は設備の企画、設計者という立場から、オフグリッドに対する考え方を聞くことが出来ました。この結果を自分の卒論に組み込み、より精度を上げていきたいと思います。



 

2024.1.14 株式会社バレッグス オフグリッド住宅見学・ヒアリング

こんにちは。

脇坂研4年の戸塚です。

 

1月14日に戸塚の卒論調査で、会社バレッグスのオフグリッドハウス(社長さんのセカンドハウス)の見学・ヒアリングに行ってきました。

 

株式会社バレッグスは、不動産、建築(注文住宅、リノベーション)、新規事業(オフグリッド他)などを手掛けている会社です。

今回伺った、神奈川県三浦市にあるオフグリッド住宅は、2014年に新規事業の一環として建設された、太陽エネルギーのみでオフグリッドが可能かを実験する住宅になります。

北垂れの斜面地に位置しており、屋根は南に片流れの勾配屋根を設けています。建物南側は日照が得づらい敷地ですが、北側には大開口を設け、目の前の海を見渡すことが出来ます。

 

電気系統は、屋根にPVパネル17kWが載っており、リチウムイオン蓄電池72kWに蓄えられ使用されています。熱系統はプロパンガスによるガス給湯で、給湯、風呂などに使用しています。建物の外にはプールがあり、水を循環ろ過するシステムがあることで半永久的に水質が保持できます。浄化機も設置されているため、災害の際は飲み水として利用することもできます。

 

内部には電気の発電状況や使用状況が確認できる、ユーザーインターフェースがあり、オフグリッド居住者にとって大切である、電気の状況を視覚的に理解できる仕組みが搭載されていました。

 

ヒアリングでは、意匠面、設備面について仕様と選定意図を聞くことが出来ました。特にオフグリッドの導入経緯やマニフェストの部分では、実感のこもった建設当時の話をして頂き、10年前の先鋭的な取り組みの中での出来事を知ることが出来ました。

思想の部分では、オフグリッド達成のために、住まい手に節約的な生活を求めるのではなく、快適に暮らすことができる中でオフグリッドを実現しており、一般普及という面で快適さを犠牲にしない在り方は、今後も求められていくと感じました。

 

今回は、実際に空間体験とヒアリングをさせて頂き、とても貴重な体験をさせて頂きました。この実験住宅は約10年前に建設されたものですが、自分の研究を通して、今オフグリッド住宅を建設するならどのような仕様・性能、空間がいいのか、研究結果として示すことが出来ればと思っています。

 

2024.1.5 テンプラス紺野氏オンラインレクチャー

こんにちは。

脇坂研4年の戸塚です。

 

1月5日にオフグリッド住宅の講演会として、株式会社テンプラスの紺野氏にオンラインにてレクチャーをして頂きました。

 

株式会社テンプラスは、住宅の省エネ計算や温熱環境に関するコンサルティングを行っている盛岡の会社です。紺野氏は設備設計者であり、もるくす建築社「佐戸の家」の設備設計(コンサル)、菊池佳晴建築設計事務所「上杉の家」の設備設計(コンサル)、静岡ではLiving D(第一建設)「The MIRAI HIBIKI」の暖房設備設計(コンサル)を手掛けられています。

 

レクチャーでは、冷暖房の容量を決めるための負荷計算の仕方、主に「佐戸の家」の設備機器の詳細、オフグリッドモデルの考察などについて、設備視点でのレクチャーをして頂きました。

 

負荷計算の仕方では、例を用いて計算式に値を入れ、その結果からどの程度の容量の機器を選択すればよいのか、簡易的に理解することが出来ました。冷暖房負荷では、居住者は夏季のエアコンの利用について注目しがちですが、外気との温度差の点から冬季の方が負荷が大きくなるため、冬季に着目すれば必然的に容量がおおよそ決定するということを学ぶことが出来ました。

設備機器についてでは、「佐戸の家」の温熱回収型薪ストーブ、薪コンロの排熱回収、壁面太陽熱集熱パネルの構成など、設備機器の構成や機能の仕方についてレクチャーをして頂き、普段なかなか知ることのできない設備の詳細な部分について学ぶことが出来ました。

最後のオフグリッドモデルの考察では、G2.5レベル(6地域でUa値0.36W/㎡K)の住宅の提案がありました。PVパネルは屋根に4.8kW載せ、蓄電池は13.5kWを搭載。コスト的にも、ZEHを達成し、補助金を取得する必要があるという、一般普及を考えた視点で提案をして頂きました。基本的な考えとしては、断熱性能を極限まで上げ、設備の省力化を図り、ZEHで補助金を受けつつ、グリッドを絶つ方策がいいのではないかということでした。

自分が調査した事例の中で、節約を楽しみながらオフグリッド生活をする事例がいくつかあった中で、紺野さんの考えとしては、一般普及を考えた時に、普通の生活が出来るかどうかが重要になるということでした。まずはZEHを目指して、必要に応じてグリッドを絶つこともできる(災害時等)状態が望ましいと思いました。

 

今回は設備設計者の視点から、非常に貴重なお話を聞くことが出来ました。

フグリッドを考える以上、設備や温熱環境についてもさらに学びを深めていく必要があると実感しました。

2023.12.17 八ヶ岳エコハウスほくほく 宿泊体験1日目

こんにちは。

脇坂研4年の戸塚です。

 

12/17、18に4年の戸塚の卒論調査で、山梨県北杜市にある「八ヶ岳エコハウスほくほく」に1泊2日の宿泊体験という形で伺いました。

 

まずはご案内して頂くチリウヒーター取締役副社長の河合さんに紹介して頂いたTeam Sherpaにお昼ご飯を食べに行きました。

Team Sherpaはオーナーの斎藤さんの奥さんである京子さんが営んでいる、カフェ・雑貨・駄菓子屋です。

 

お昼ご飯は僕はベジタブルカレーを頂きました。とてもおいしかったです。

 

Team Sherpaには個性的なものがたくさんありました。

ひとつは竪穴式住居です。なんと京子さんが仲間と手作りしたということでした。茅を軽トラで何回も運んで、現場で考えて作ったと楽しそうにおっしゃられていました。すごい行動力です(笑)。

 

こちらはキャンプやドックランなどが出来る場所です。

こちらも自作ということで、夜に焚火をしながらみんなでおしゃべりしたら楽しそうです。

 

他にも手作りの五右衛門風呂やワイン樽を使ったサウナなどもあり、宿泊者が楽しめる工夫が色々なところに散りばめられていました。現在は公園を製作中とのことです。

 

その後は八ヶ岳エコハウスほくほくに向かいました。

ここでは河合さんに加えて、施主で朝日新聞記者の斎藤さん、設計施工を担当した梶原建築の梶原さんにも参加して頂きました。

 

まずは全体の見学・説明をして頂きました。

ほくほくは築40年の古民家を改修した住宅です。施主の斎藤さんが震災を経て、オフグリッド的な生活を志したのがきっかけで実現しました。

室内は1室空間に改修され、とても開放的な空間でした

 

断熱改修としては、外壁を改修しない部分は壁内を通気層とし、手前にフカシ壁をつくり、そこにHGW16K120mmを充填。外壁新設部は躯体に105mm+内付加として120mmの合計225mmを充填しています。

 

設備的な話では、電気は庭のパーゴラ上にあるPVパネル2.7kWで、エアコンや家電類を賄っていました。熱は冬季は薪ストーブによる暖房を行っています。給湯は庭先の太陽熱温水器で沸かした熱を使うか、薪ボイラーで焚いた熱を使うかを気候や季節によって切り替えているという仕組みでした。

 

見学の後は設計施工を担当した梶原建築の梶原さんに、建築概要や施工の様子についてレクチャーをして頂きました。

 

その後、ヒアリングという形で上流の思想から、建築の外皮や設備、コストなどについて質疑に答えて頂き、その意図するところを理解することが出来ました。

特にトークがヒートアップしたのは、建築家は空間派と環境派に二分している傾向があるというテーマでした。自分はオフグリッドの研究を進めていく中で、今の時代、設計士が環境について考えるのは必須だと強く感じています。環境の知識を持ち合わせることは当然の上で、お客さまがかっこいいと思える、居心地がいいと思える建築をつくることが求められていると感じています。気候や立地状況、施主の考え、コストの制限など状況によって異なるとは思いますが、環境と意匠の両立をどう図るのかが重要なテーマだと思いました。

 

ヒアリングの後は、実際に薪ストーブをつけてみました。

フグリッドの研究をしていて、薪ストーブ一つ付けたことが無いのではダメだということで、体験をさせて頂きました。木の置き方など工夫が必要で、とても面白かったです。

 

夜ごはんは河合さんと同席していた名古屋市立大学2年生の沼口絢さんにつくって頂きました。様々なメニューを用意して頂き、とても美味しかったです。自己紹介から始まり、趣味の話など色々な話が出来て、とても楽しい時間でした。

 

夜は薪ストーブの熱で暖められた空間で過ごしました。

薪ストーブ1台だけで、室内全体がとても暖かく、断熱の重要性を身に染みて感じることが出来ました。

朝、起床して18℃越えの暖かさが残っていたのには驚きました。

 

2023.11.02 4年ゼミ

こんにちは!
脇坂研究室4年の一色駿汰です。


 11月2日のゼミは、締切が迫ってきました東海支部研究会に提出をする卒業論文の梗概チェックが行われました。約1時間の全体ゼミが行われた後、個別ゼミとし、個人での作業が多い時間となりました。主な梗概のチェック項目は、1)図の示し方について、「大きさ」、「色」、「文字のフォント」の視点から各図が見やすく、配置されているか。2)「その1」と「その2」の分断の仕方。(章構成が適切かどうか。)3)文章の添削4)タイトルなどです。
先生とマンツーマンでより良い梗概が完成するよう、細かな部分まで修正点を見つけ、締切である11月10日までに如何に良い梗概にしていくのか。それぞれが有意義な時間を過ごせたと思います。卒業設計や読書ゼミやその他プロジェクトも同様に迫っている中で、梗概にだけ注力するわけにはいかない為、スケジュール管理がとても重要になってきます。


 明日は、西尾市生涯学習センター(仮称)【基本設計着手前】の市民ワークショップに出向きます。協力しつつ勉強をさせて頂きながら、より良い時間を過ごしたいと思います。