wakisaka lab@Shizuoka Institute of Science and Technology

静岡理工科大学 建築学科 脇坂圭一研究室

MENU

大学院の研究でパッシブハウスへ調査に行ってきました

大学院の研究でパッシブハウスへ調査に行きました

 

「環境配慮型住宅における建築計画・意匠と環境・設備の相互の目標の両立に向けた検討」

と言うテーマのもと対象事例として豊田パッシブハウスと仙台パッシブハウスへ行き、ヒアリング及び温湿度・照度・気流の環境実測を行いました。

 

=豊田パッシブハウス=

外観

愛知県豊田市にあるこちらの住宅の特徴は南面に設けた大きな窓を持つLDKと吹抜け空間。

南面は基本フィックス窓となり日射熱取得型トリプルガラスを採用しており、そこに外付けブラインドを取り付けることで採光をコントロールすることで年間で平均して室内を25℃前後と年中住みやすい環境づくりが室内でなされていました。(夏季は除湿弱を24時間利用)

 

基本的には開口部を開けることがなく、気流を感じさせないことで室内の環境を均一化し一年中住みやすい住宅となっていました。

計測の風景

外壁は地域に合わせた木材で仕上げておりとても落ち着いた雰囲気の住宅となっており、開口部周りは断熱材が3重に入っていることから分厚くなった壁に掘り込む形で開口が設置させているため、とてもかっこよく、雨水に当たること少ないことから、お手入れもとてもしやすいとの事でした。

堀の深い開口部

1ヶ月間設置した温湿度計の結果

=仙台パッシブハウス=

外観

宮城県仙台市にあるこちらの住宅の特徴は南面に設けた大きな窓を持つLDKと窓と窓の間にある縦長スリット状の換気窓。

南面は大きな窓はフィックスであるが、間にある縦長のスリット状の換気窓を開閉することによって、外気を室内に取り込み、風の揺らぎを感じることができる。

リビング

給湯に関しては、屋上に太陽熱温水パネルを4枚設置し、晴天時には800Lの貯湯器に1日で家族3人分のお湯が3日分貯まるそうです。梅雨や悪天候の時は給湯巻きボイラーを使うことで、給湯及び除湿にもなり、竣工後、給湯にかかるお金は¥0という驚きの結果でした。

太陽熱温水パネル

冷房機器は2F階段付近にPS冷房パネルを設置することで2Fはもちろん階段を伝って1Fにも涼しく感じる仕組みとなっている。

 

その他構造が木造であり、木の断熱材の採用や紙の除湿シート、土壁、屋久島地杉の外壁など自然や環境に配慮した素材を採用した住宅となっていました。

計測の風景

また、豊田パッシブハウスが気流の感じないムラのない空間を目指した計画がなされている一方、仙台パッシブハウスの設計者の菊地様は自然のムラ(温度変化)も感じることが大切で、それをコントロールできるようにすることが大切と話されていました。

 

[筆者:大学院2年 千葉大騎]

情報共有レビュー 20220701

今回の情報共有レビューは学部4年の坂本くん、築地くんの紹介になります。

 

【坂本くんの発表】

  • Founders’M​emorial-2020年コンペ当選案-隈研吾建築都市設計事務所+K2LDアーキテクツ(GA DOCUMENT154  GA INTERNATIONAL2020より)

 

「一本の道」をデザインコンセプトとし、意匠がランドスケープと一体化しているデザイン。デザイン戦略として、道がランドスケープを作り出しており、この傾斜した道を進むにつれて、人々はここに没入していく。そして、複数の道のランドスケープが複数のエントランスをつくっている。また、パブリックスペースでは民族、言語、宗教を超えて多種多様なイベントを開催する。(GA DOCUMENT154  GA INTERNATIONAL2020より)

 

脇坂先生より、形状の似ている建物として、伊東豊雄の「ぐりんぐりん」やエーロ・サーリネンの「TWAターミナル(トランス・ワールド航空)」、ヨーン・ウツソンの「シドニー・オペラハウス」が上げられた。

 

 

【築地くんの発表】

上野東照宮神符授与所/静心所は、東照宮に向かうまでの導線にあり、休憩所兼静心所として建てられ、特徴としては、屋根裏がヒノキ材の二重菱格子とすることで結界性を表現をしている。屋根の形状は自然の音が反響するような工夫がなされており、境内の倒木の危険性のあったイチョウ材を用いてアーチ屋根を形成している。

また、庭には御神木に対してヒノキの軒下空間は祈りの場でもある。

 

[ブログ筆者 修士2年 千葉大騎]

情報共有レビュー 20220617


今回の情報共有レビューは学部4年の築地、松原、坂本の紹介になります。

 

【築地君の発表】

  • Y-GSA公開講義 ​第3回「私たちの時代の理想郷」​2022.6.7大西麻貴、平田晃久

 

築地君は二人の建築家、(平田晃久氏、大西麻貴氏)の公開講義の内容のレビューを行いました。

・平田晃久編では「太田市美術館」「新潟小千谷図書館複合施設」の事例が紹介されました。

太田市美術館」

太田市美術館では多くのからまりしろを複数のワークショップから検討し、思考の出し入れによってフィードバックを得る設計を行われたと紹介されました。

 

「新潟小千谷図書館複合施設」

​動的な資料空間と、そのときに応じて使い方が変わる12種類の活動の場を検討する設計が行われ、12種類の活動の場はバネモデルのようなものから検討​ し、人の活動をサンプル化して、どの空間をどんな人が好むのか評価を行う​と紹介されました。

図書館は動く書架や展示台(フロート)が置かれた動的な資料空間、その時々に応じて使われ方が変化する活動の場(アンカー)季節ごとに様相を変える小千谷のまちとの結びつきが深い屋上空間(ルーフ)から構成されます。

 

・大西麻貴編では「東根市図書館美術館PFIコンペ」の紹介がされました。

東根市図書館美術館はPFI方式でプロポーザル​が公募された設計案です。

1週間に一回の打合せでスケッチを持参し、20~30人のグループ(運営施工など多くの人)がスケッチを行い、みんなでこういう場所があったらいいなという感じでスケッチを描きながら設計されました。

築地君の紹介では大西さんは人と人の関わりから設計を考え、愛嬌のある建築、居場所の歴史を理解する事やワークショップを行い、いろいろな側面から設計されていると紹介されました。

 

西沢

 

【坂本の発表】

  • 「木曽町役場」

坂本君は「木曽町役場」のレビューを行いました。

所在地:長野県木曽町 竣工:2021年 設計:千田(藍、友己)

構造:「別棟解釈」を用いた大規模木造建築 木造一部鉄骨造

所要室は中廊下型配置の配置がされ、サイドに所要室が配置されています。

会議室はガラス戸の開放的な空間になっています。   

 

 

  

 

 

 

 

【松原の発表】

  • 「Under」

松原さんは「Under」のレビューを行いました。

設計者:Snohetta 所在地ノ:ルウェー竣工:2019年 用途:水中レストラン、バー、

屋上海洋研究所

読書ゼミ2022年4月5日 クリストファー・アレグザンダー「オレゴン大学の実験」レビュー

オレゴン大学の実験」

発行 1975年

著者 クリストファー・アレグザンダー

訳者 宮本雅明

解説 西川幸次

 

本書はオレゴン大学のマスタープランであり、世界中どのコミュニティでもマスタープランとして採用できるようプロセスを定めた本である。

あるコミュニティでの建設とプランニングの方法は、6つの原理に従うことで人々の要求に合致した環境作り出していける。この原理は誰でも自分のコミュニティに適応できるように手直しを施すことができる。

概要:オレゴン州ユージン郊外、学生数15000人、教員数訳3000人

(1973年時)

 

有機的秩序

有機的秩序は環境の個々の部分の要求と全体の要求との間に完璧なる均衡が存在する場所に生まれるものである。あらゆる場所は個性的で包括的な全体を作る一方、相違なる場所は協同し、放棄される場所は存在しない。そして全体は、その一部である誰もが一体感を感じられる事ができる

その中でケンブリッジ大学有機的秩序の完璧な例を示している。

このような秩序は今日では失われたとされ、どちらかが一方に優れている。さらには部分が支配して全体は失われている。

例えばかつては美しかったカリフォルニア大学のキャンパスは断片的な建築物が集まり混乱を極めている。それぞれ偏狭な課題に左右され形を取っている。そこでは街路は混雑し、サーキュレーションは混乱、全体的なキャンパスのレベルにおいて機能上の誤解が生じられる。

有機的秩序の原理

計画と施工は、全体を個別的な行為から徐々に生み出してゆくようなプロセスによって誘導される。この目的を満たすためコミュニティは、いかなる形式の物理的マスタープランも採用しないこと。かわりに、本書に述べられるようなプロセスを採用すること。そのプロセスの最も基本的な事柄は、固定された未来のマップからではなく共有のパターン・ランゲージからコミュニティ秩序を得ることにより可能となる。そのプロセスは、コミュニティを代表する十人以下のメンバーからなる一つの計画評議会によって管理されること。そのメンバーは双方ほぼ同数の利用者と管理者、そして一人の計画ディレクターから構成されること。計画ディレクターは、2000人に一人の割合でコミュニティの建設行為を指導するためのスタッフを有する。

 

Ⅱ参加

参加形式メリット

参加の形式は、大学には重要であるとされる。それは人々の連携を強め、彼らをその世界の中に包み込む。建築物の日常的な利用者は、誰よりも自分の要求を熟知している

より人間の機能に適応した場所を創造しやすい

参加形式デメリット

ほとんどの学生、教官は5年以上在籍する事はない。5年後における実際の利用者が同一であると限らない。

                   ↓

しかし設計は利用者によって全て行われるのではなく、利用者からある距離を隔てた建築家によって行われる

 

オレゴン大学では音楽部の増築修繕のなかで、既存の建築物で損なわれている部分、補修が必要とされる場所更に解体修理を必要としているのかを利用者の実践的な理解、実測に基づいて設計はおこなわれた

この設計作業は既存建築を歩きながら行われ、設計は机上で作成されたものではなかった

参加者の原理

何を建築、建設すべきかの決定権は利用者の側にある事。その企画中の建築プロジェクトにはチームが存在すること。計画スタッフはパターン、診断、援助をチームメンバーに与えること。利用者の行った設計を責任もって受け入れ作業を明確に理解させること。

 

Ⅲ斬新的成長

この章では斬新的な成長と反対に大規模プロジェクトの対となる比較が述べられている。

斬新的成長

斬新的成長とはごく小さな歩調で前進してゆくような成長を意味している。なお要途と行動の変化にたいして対応するものでなければならない

優れた環境に共通している事は、長い期間を経て少しずつ緩やかに成長することにより、全体を形成し活動している。

                   ↓

建築物は取り壊されたり、忘れ去られることなく、修正、復元、拡張、改善を施される。

                   ↓

                 斬新的成長

大規模プロジェクト

・補修用の僅かな資金を残しておくことをしない。

・相違なるグループ間のプロジェクト競争勝利のためプロジェクトの規模が誇張される

・大規模になるほど、利用者は十分な満足は得られない

・どの部局も数十年に一度しか建設資金を得られない

・巨大開発プロジェクトは古い中心地区をスラム化する

 

Ⅳパターン

パターンとは公式化されるものであり、課題解決に必要な特質を提供するものである。

つまりどのような要求に対しても容易に対応できる。

オレゴン大学を例として抜粋をしたものを例として下記に記す。

「開かれた大学」 大学と一般市民との間の境界線を取り除く事、大学都市共に成長できるように促進すること。

「大学街路」大学の主要機能―事務室、研究室、講義室、は大学街路に沿って連続して設ける事。新し建築物の場合大学街路の充実と拡張を常に基本として行われること。

「手にし得る緑」広い開放的な緑地の近くで働いていれば、そこをよく訪れる。

あらゆる建物から128メートル以内に設けること。

「生かされた外部空間」建築物の間に単に放置された外部空間は一般に利用されることはない。建築物、アーケード、樹木、は次から次へと眺めて歩けるように幾通りもの方式で互いに連結すること。

「学科の団欒の場」大学の学科が単なる研究室の集合体である場合、コミュニティ意識をはぐくむ機会が失われてしまい、開放的な意見交換の可能性も奪われてしまう。

したがってすべての学科は社交の場である団らんの場を設ける。その場は研究室郡の重心に、また誰もが利用する通路の脇に位置させる事。その場にはラウンジ、喫茶店、小図書館配布物棚、告知板などを設けること。

 

 

Ⅴ診断

診断とはコミュニティ全体の健康状態は変遷の中でどの時点でもどのスペースが生かされていないかを定期的な診断に基づいて保護され根ければならない。計画スタッフは定期的に診断マップを用意し、プロジェクトを提案する全ての人が手にすることができるようにしなければならない。

例として、中世のヨーロッパ自由都市国家では市民グループによって都市が築かれた。

都市では毎年担当地区ごと調査を行い、道路の拡張、舗装などが行われていた。

大学も同様に関係者がマップを作製し、良好な状態、補修が必要な状態など各パターに当てはめ、マップを作製することにより、良好な状態が保たれる。

 

Ⅵ調整

調整の原理

全体における有機的秩序の緩やかな生成は、利用者の促進する個々のプロジェクトは財政的処理によって確実なものとされること。これらのプロジェクトはすべてパターンと診断に基づいて計画評議会に提出されること。なお、異なるプロジェクトと資金獲得に競合していないか確認をしなければならない。

 

考察

この本を読み私は有機的秩序とは、居心地の良い場所であり、個々なる要素は別の特徴であるのにもあるのにも関わらず統一性があり一体感の感じられる空間であると読みといた。さらにこれらの空間はパターンから生み出すことが可能とされ、このパターンに加え、利用者の参加がより良い状態をつくる。またより良い状態を継続してゆくには要求、老朽化に応じて改修するなどしていく必要があると読み説き、このような要求、課題の変化はマップ、図面に記し基準を設け、必要に応じて資金をつぎ込むなどすることで、全体を形成していくのだと理解しました。(担当:矢作武)

2022.1.21 マネジメントゼミ

2022年1月21日は、「マネジメント/リノベーションゼミ」を行いました。

マネジメント/リノベーションゼミでは、昨年度、4年生がリノベーション/マネジメントについてリサーチした内容をまとめ、現在、3年生が主体となり1冊のブックを制作しています。内容は、静岡市内の不動産企画と建築設計を業務とするCSA不動産が企画・運営を行っている、静岡市中心部の空きビルをリノベーション/コンバージョンして宿泊施設とした「ビル泊」と、静岡駅至近で駿河湾に面した港町の特色を生かした「用宗」を事例として取り上げたリサーチブックとなっています。

 

今回のゼミでは、村上製本の村上さんにご教授いただきました。村上さんは、ロンドンで手製本を学び、現在「みかわや|コトバコ」で村上製本を運営されています。

今回は、私たちが用意した仮フォーマットや台割をもとに、私たちの考えに対しプロの視点からのご意見をいただきました。ところどころInDesignの便利な小技を教えていただきながら、文字の大きさやフォント、章扉のヴィジュアルなどの修正点や来週のゼミに向けての目標を確認していきました。

少しずつではありますが、目に見える形ができてきています。2月末に完成を目指したハードスケジュールではありますが、まずは来週のゼミに向けてブラッシュアップを3年生全員で頑張ります!

                             [記:松原 成美]